1997年生まれ、伊賀服部家末裔

1998年から伊賀一宮 敢國神社ゆかりのプロ忍者集団"伝統忍者集団 黒党"の忍者ショーに出演、全国各地や海外で活動中

2015年からシンガーソングライターの活動を始める

2016年~2018年にかけて信濃毎日新聞こども新聞でコラム『忍者のナナです』を連載

2019年、忍者スポーツ "手裏輪" 公認イメージガール就任


- 伊賀服部家について -
 先祖の伊賀服部平内左衛門家長(通称-伊賀家長または服部家長)は、平安時代末期、源平合戦で伊賀衆を率いて安徳天皇の親衛隊長を務め、武将・平知盛の重臣としても活躍した人物です。『平家物語』にも登場します。
また、服部家の忍術伝書『忍法秘巻』には、伊賀服部流忍術の始祖と記されています。
三種の神器の奪還を命じられた源義経の奇襲を再三かわすなど、神出鬼没な活躍から”煙りの末”と呼ばれました。
今もなお、よく知られている伊賀服部氏の服部半蔵は家長の末裔と言われています。

  伊賀服部一族の奇祭「黒党まつり」


This is Iga Nanaka ,the only female Ninja-singer-song writer in Japan.
I am 22, but have been performing at Ninja shows and giving Ninja lessons around the world since I was one year old, as a member of the professional "Ninja group,Kurondo". In addition to that,I was born to a descendant of Hattori Ienaga who is said to be the founder of "Iga-ryu Ninjutsu". (Hattori Ienaga=ancestor of the famous Hattori Hanzo)