曲名/「すり足ですりすり」

作詞 作曲 編曲/クロンド奈々

―内容―
この曲は、忍者の音のしない歩き方「歩法」の中から、「すり足」という歩き方をテーマにした曲です。夜、敵の屋敷に忍び込んだときに暗闇の中で、まきビシなどの障害物を踏んでしまわないよう、足を上げずに擦って歩きます。

―簡単に解説― 
曲中では「すり足」以外にも、いろんな歩き方が登場します。
忍び足(抜き足+差し足)、浮き足、締め足、横走り(壁や塀を背にした歩き方)・犬走り(床下や天井裏での歩き方)、深草兎歩(寝ている人の枕元を通るときの歩き方)。

―見どころ―
サビでは歌に合わせてちょっとした振付があります。手の動きは、忍者の精神統一法である「九字護身法」の手刀を、足のステップはすり足をモチーフにしました。踊ると謎にリズム感が狂うダンスです。ぜひ一緒に真似して踊ってみてください♪

映像編集協力/NISHIKOMA STUDIO